岐阜市 インフルエンザ予防接種 料金と接種回数について

インフルエンザ予防接種

インフルエンザ予防接種について

インフルエンザ予防接種 診療風景

インフルエンザの予防にはインフルエンザワクチンの予防接種が最も効果的です。

健康な成人のインフルエンザに対する発症予防効果は70~90%程度と言われています。
仮にインフルエンザにかかっても、ワクチン接種しなかった人と比較すると、病状が軽くなり治癒までの時間が短くてすみます。

通常、予防接種を受けてからインフルエンザに対して有効になるまで約2週間かかり、その後、約5ヶ月間効果が続きます。

インフルエンザにかかると、肺炎などを併発し重症化する可能性の高い
グループです。

●65歳以上の高齢者  ●基礎疾患のある方  ●妊娠中の方  ●乳幼児

※基礎疾患として、気管支喘息・慢性肺気腫などの呼吸器疾患、
慢性心不全・先天性心疾患などの循環器疾患、腎不全
免疫不全(ステロイド内服など)、糖尿病があります。

インフルエンザワクチン接種が勧められる方

インフルエンザにかかると、肺炎などを併発し重症化する可能性の高いグループです。

●65歳以上の高齢者  ●基礎疾患のある方  ●妊娠中の方  ●乳幼児

※基礎疾患として、気管支喘息・慢性肺気腫などの呼吸器疾患、慢性心不全・先天性心疾患などの循環器疾患、腎不全、免疫不全(ステロイド内服など)、糖尿病があります。

インフルエンザ予防接種 受験生

上記に該当する方と接する機会が多い方、同居しているご家族、病院・クリニック、老人保健施設、高齢者の福祉・介護施設に勤務されている方は、インフルエンザの予防接種を受けておくことが望ましいとされています。

その他、受験生、仕事を休むことができない方も、早めにインフルエンザ予防接種を受けて対策をすると良いでしょう。

インフルエンザ予防接種を受ける時期と接種回数について

インフルエンザ予防接種 落葉

インフルエンザの流行は1月から3月上旬が中心であること、ワクチン接種の効果が出現するまでに約2週間かかることから、毎年11月中旬までに(遅くても12月中旬までに)、予防接種を受けると効果的です。

生後6ヶ月以上13歳未満は、接種間隔2~4週間で2回接種が推奨されています。一方、13歳以上は1回接種、または接種間隔2~4週間で2回接種となります。

料金とスケジュールのご案内

インフルエンザ予防接種 看護婦

阪野クリニックのインフルエンザ予防接種にかかる費用は、 3,500円(税込)です。 ※妊娠中、授乳中にも対応可

「痛みの少ない極細針」を採用しております。
注射の跡が殆ど残りません。

 

接種期間:平成28年10月17日~平成29年1月7日。
予約不要で随時行っております。

まとめ:ワクチン接種の基礎知識

 

高齢者のインフルエンザに伴う肺炎の対策: 肺炎球菌ワクチン接種

インフルエンザ予防接種 老人夫婦

65歳以上の高齢者の方は、肺炎球菌ワクチン接種も大切です。

高齢者では、糖尿病や心臓病、慢性呼吸器疾患など合併症を有していることが多く、加齢に伴って免疫機能が低下します。

そのため、かぜ・インフルエンザにかかった後、肺炎を併発しやすい傾向があります。肺炎球菌は市中肺炎の原因の中で最も多いことが分かっています。

 

肺炎球菌ワクチンは、肺炎球菌によって引き起こされる肺炎を予防するもので、肺炎球菌ワクチンを接種すると、肺炎球菌による肺炎の約70~80%を予防することが可能です。
肺炎球菌ワクチンを接種すると、その効果は約5年続きます。

肺炎はインフルエンザと併発して悪化する場合が多いので、高齢者、慢性心不全、慢性呼吸器疾患がある方は、肺炎対策も行うことが重要です。
 
名鉄岐阜駅すぐ、肺炎球菌ワクチンの予防接種を希望される方は、ご予約をお願いします。

 

平成26年10月1日より高齢者を対象とした肺炎球菌感染症の定期予防接種が
始まりました。
詳細は左カラムにある肺炎球菌のページをご覧下さい。


このページの先頭へ戻る